地方創生、『美商女』たちの手で!

新年、明けましておめでとうございます。
2015年初春、皆様には健やかにお迎えのことと思います。

昨日都内へ出かけましたが、上野、有楽町、銀座、そして柏と、どの街もたくさんの買い物客でにぎわっていました。
特に都内では外国人観光客の姿が目立ち、いたるところで中国語が飛び交っていました。円安もあってか、新春バーゲンに参戦の女性たちも多く、皆さんとっても楽しそうでしたよ^_^。

さて。
そんなこんなのおめでた気分で新年を迎えましたが、この先の日本について考えると、とてもウキウキモードではいられませんね(-_-;)。
暮らしを直撃する物価の上昇、ますます拍車がかかる中心市街地空洞化、地方経済の衰退、さらには人口減少による自治体そのものの存続が危ぶまれる「消滅都市」問題など、私たちの暮らしは?若者の未来は?あふれる高齢者の行く末は?等など、課題は山積みです。

そんな中、私はここ数年、全国各地のまちづくり支援、地域活性化事業のプロデュースを通し
女性の活躍こそが、新たな地域を創り、まちを元気にする!
と実感、いや、確信しています。

特に、地域活性化のファーストステップ『市民参加で作る・まち歩きMAPプロジェクト』では、女性有志で立ち上げたチームの活躍が目覚ましく、ユニークな発想で様々な企画を提案し、「まち歩きMAPからの、地域活性化!」へとつながっている例も少なくありません。

なかでも、岐阜県飛騨市古川町『しゃべりばち☆おとめの会』は私の自慢の門下生^^;。
2012年秋、初めて発行した『しゃべりばちがこっそり教える♪ 行きつけマップ~よさりバージョン~』  は地域で初の女性編集チームによる手作り情報紙として、大きな反響を呼びました。
その後も2種のMAPを発行し、その間に様々グッズを制作。
マスコミに何度も登場し、各方面から講演依頼や情報提供などを求められるようになり、地域の顔、いやいや古川町のアイドル♪となりました。
また、まち歩きMAPプロジェクト期間中の勉強会から「ぐるっとほおバル」や「古川町まちゼミ」がスタートするなど、地元の商工業の皆さんのモチベーションアップにもつながりました。

2013-09-04 22.35.57
※しゃべりばち☆おとめの会の皆さん

昨年度は長野県飯田市、福岡県飯塚市、愛媛県松山市でも女性だけのまち歩きMAPチームが立ち上がり、女性目線、顧客目線でまち探検し、新たな魅力に磨きをかけMAPに掲載!大きな話題を呼びました(*^_^*)。

特に、松山市大街道・道後温泉の2商店街が共同企画で取り組んだ『美商女マップ』は地域を激震させる超ド級インパクトのMAPに仕上がり、話題騒然ヽ(^o^)丿。
テレビ、ラジオ、新聞、地域情報誌などにひっぱりだこで、掲載店にお客様が押し寄せる!?など、経済効果にも波及し、嬉しい悲鳴を上げているそうです。
松山市では今年度も同様のマップ制作に取り組んでいますが、嬉しいことに今回、連単する3つの商店街が加わわり、5つの『美商女マップ』が出来上がる予定です(^^)v。

また、今年度は栃木県那須塩原市黒磯駅前商店会女性部と地元女子高生が主体となって取り組んだ『黒磯駅前めぐり~なMAP』『大人カワイイ♪くろいそさんぽMAP』を12月に発行。
石川県商工会女性部連合会では、県下20女性部から有志を募り、100人の編集委員で作る「(仮)石川県魅力発信情報誌」も鋭意制作中です。

いずれも、まちを愛する女性たちが自らの目と耳と舌と心で感じ取った「とっておきの魅力」を紹介する内容となっています。

安部首相が掲げる「地方創生」「女性の活躍」はすでに、まちの魅力を発掘t・発見し自らの言葉で発信していく『まち歩きMAPプロジェクト』から始まっています!

そして、私も・・・。
日本の明日の元気を創る全国の『美商女』たちと、地域活性化、笑顔の花咲くまちづくり活動へと邁進してまいります。

引き続き、本年もどうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/。

2014-01-17 18.25.43
※『美商女マップ』版下作成の様子

2014-12-31 11.38.31
※南海放送「もぎたてテレビ」にも、登場!

2014-12-26 17.50.33-1
※2014年発行の藤田プロデュース・まち歩きMAPたち